記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

STM32F103C8T6を使った簡易オシロ

個人的メモとして。MCUを使った簡易オシロとして、秋月電子でも販売されている2.4inch カラーTFT デジタルオシロスコープキット DSO138が有ります。もちろん、大本は大陸製なので、ebayやAliexpressにも同様のキットが安価に販売されています。このキット、アナログ1チャネル。ソコで、サンプリングレートを半分に落とし、更にデジタル2チャネル追加した改造のソースがGithub上に上がっています。ardyesp/DLO-138STM32Duinoを利...

続きを読む

STM32F103C8T6を使った遅延器

今超安価な中華MCU基板のSTM32F103C8T6の載った、STM32DuinoではBluePillと呼ばれている基板を使い遅延器を作ってみました。仕様としては8bit分の信号を1ms遅らせる、とゆうのが目的です。使用した開発環境はEm::Blocks。ソースコードは#include "stm32f10x_conf.h"#define SIZE 1026void gpio_config(void);static uint8_t Pdata[SIZE+2] = {};uint16_t data_Pos=0;int main(void){ gpio_config(); while(1) { Pdata[...

続きを読む

Beagleboneblack/greenとWindowsとのファイル共有

まず、自分のメインPCがWindows7なので、MobaXtermをWin7にインストールし、BeagleboneのGUIでの操作が出来るようにしました。参考 Remotely Access Beaglebone Black using MobaXtermlこの操作を行うことにより、モニタの繋がってないBeagleboneblack、元々HDMI出力が無いBeaglebonegreenでもGUIでの操作が可能となります。この操作は、Beagleboneblack/green購入時に付いてくるUSB接続ケーブルを使いWinPCと接続することで行え...

続きを読む

PSoC5LPのemWinで新し目の液晶パネルを動かす。

ARM CortexM系のMCU、STとかNXPとかMCU上でGUIを動かしたりするグラフィックライブラリとしてemWinが提供されてます。PSoCもご多分に漏れず提供されているのですが、提供されているバージョンが古く、適合となっているメモリTFTLCDコントローラーICに新しい物が入ってきません。直接メモリTFTLCDコントローラーのコマンドを送り、ピクセルデータを送り描画をするライブラリを見ていると、大体において描画するX,Yの始めの位置と終...

続きを読む

PSoC5LPのEMFIを使ったパラレルメモリ液晶表示(PSoC Advent Calender 2016)

Twitter上の成り行きで勢い余ってPSoCAdvendCalenderなるものに登録してみたもののどんな感じに書けばよいか???なので、関係各所?ご指導の方宜しくお願い致します^^;描画速度的に満足。グラフとかリアルタイムに近いものでもいけそう。 pic.twitter.com/uFhvPa85gu— 章仁 (@akirahitoshi) 2016年11月27日上記ツイッターに上げた動画のプロジェクトは、ここの5288_ILI9486L_16bit_EMFI_testに有ります。フォルダを指定後...

続きを読む

プロフィール

akirahitosi

Author:akirahitosi
タイトルの通り個人的な備忘帳です。
使用しているMCUはSTM32F4とPSoC5LPなどなど。
自分が使う機能で、Web上の記事で参考にさせて頂いたページ等々を残しておこうとしてるので、このブログの記事のみでは、「できる」ようにはならないのでは?と思います。

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。