記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

STM32の開発環境

ここ数年、MCUとかPSoCとかFPGAを用途によって使い分けているのですが、開発環境の有無、使いやすさ自体が、そのデバイスの使いやすさなのかな?と思います。

MCUとFPGA、その中間のPSoC。
PSoCとFPGAはプログラマブルロジックな部分があるので、IDE自体がデバイスメーカーご謹製の物で、使用料の掛からない範囲で使ってますが、割と処理速度が速く、便利に使っていたMCUであるSTM32。

開発環境はEm::Blocksを使わせていただいてましたが、どうも新しいデバイスへの対応が設定ファイルを作るとゆう、素人ではちょいと難しい事になってきたので、一応デバイスメーカーであるSTMicroもHP上でリンクしてあるAC6 Systemworkbench for STM32とゆうものを入れてみました。

Eclipseとゆう物を利用したIDEだそうで、あまり何も考えずに使えたEmBlocksよりも、ちょいと手こずりましたがなんとかコンパイル、書き込み用のバイナリファイルの生成ができました。
使用したMCUはSTM32F446REで、ボードとしてはNucleoF446。
もちろんボード上のST-Linkを使いデバッグも。


参考とさせて頂いたページは、、、

sw4stm32-with-nz32-boards

英語での記述なので、Web翻訳等を使うと良いと思われます。

どうも自社で作っているボードの解説用の記述ですが、mbedライブラリの追加や、自己で他のIDEで作ったライブラリのインポートとインクルードパスの通し方、ST-Linkへのつなぎ方などなど、詳しく書かれていて有難いです。

ただ、STM32F410RBの自作基板へのSTM32F3DiscovryのST-Linkを使った書き込みが上手くいかず、SystemWorkBenchで生成されたバイナリファイルとST-Link Utilityを使い書き込みました。デバッグ画面でのステップ実行は何も問題なくできました。

基本操作はEclipseとゆうことで、「Eclipse 入力補完」のキーワードでWeb検索。
Ctrl+スペースキーにて、入力補完の候補が出てきます。

この入力補完、ライブラリの関数や変数を列挙してくれるので、とても便利で、PSoCのPSoCクリエーターや、AlteraのQualtus、もちろんEm::Blocksも備えていて、いちいち覚えていられないほどのワードを出してくれるので私のような素人でも、なんとかコードを書くことが出来ます。

このAC6 SystemWorkBench for STM32、自動でStanderdPeripheralLibralyやCubeMXのライブラリ、また、オプションでSTemwinをプロジェクト生成で入れてくれるのですが、どうも、STMicroが提供しているファイルをダウンロードしてただ入れているだけなので、STemwinのライブラリなどは、かなり余分なファイルまで入ってしまうらしく、必要な物だけを整理しないといけないようです。


STM32F4のSTDPeripheraLibraryに慣れてしまったので、Em::Blocksに設定ファイルが有るF4はそちらで、、新しめのSTM32F4はSystemWorkBenchで、、と思ってます。

ライブラリ内のそのMCUで使用しないコード部分はグレーで網掛けしてくれたりと、Em::Blocksよりもかなりコードは見やすいのは確かです。


どちらも基本GCCなので、、、使い慣れれば、でしょうね。






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

akirahitosi

Author:akirahitosi
タイトルの通り個人的な備忘帳です。
使用しているMCUはSTM32F4とPSoC5LPなどなど。
自分が使う機能で、Web上の記事で参考にさせて頂いたページ等々を残しておこうとしてるので、このブログの記事のみでは、「できる」ようにはならないのでは?と思います。

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。